植物を実生から育てる

茨城県で、多肉や球根植物を自分で種を蒔いて育てています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルストロメリア・ウンベラータ

春に発芽した
ロゼット・ビオラは
夏越し出来ずにダメになってしまいましたが

おなじく蒔いてあった
アルストロメリア・ウンベラータは
Alstroemeria umbellata
夏を越し、新たに発芽してきたものも
あります。

RIMG1179.jpg

日陰に、置いてあったためか
節間が長く、ヒョロヒョロっとしてます。
RIMG1178.jpg

標高の高い所に生えていて
寒さには強いようなんですが
アルストロメリア自体を育てたことないから
どうなんでしょう?
スポンサーサイト

断崖の緋牡丹を蒔いてみました。

以前、サボテン園で頂いて
引き出しの中にしまってあった

断崖の緋牡丹のタネを蒔きました。

細かいゴミのような種子です。
断崖の緋牡丹の種子

サボテンと違い
タネは細かい用土(バーミキュライト)で
蒔きました。
以前から、球根ベゴニアの播種はしていたので
同じ要領で蒔きました。

用土が細かい為、穴からこぼれないよう
ミズゴケを下に敷いた上に、ピートモスや
バーミキュライトを入れ、更にフルイ通しした
細かいものを上に敷いて、底面より給水させて
レンジで温めて殺菌しました。

7月27日播種
8月9日の様子です。
2号鉢に播種
小さな緑色の点々が発芽した断崖の緋牡丹です。

ムリに小さい鉢を使ったのは
ある程度、発芽が揃ったら
植え替えするので、手に持って
作業しやすいように小さな容器にしています。
(ベゴニアと同じです。)

拡大した様子です。
発芽

もう少ししたら
細い箸でつまんで
移植します。

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。