植物を実生から育てる

茨城県で、多肉や球根植物を自分で種を蒔いて育てています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家交配実生

ストレプトカーパスも
育ってくると4号鉢サイズ位になり
葉も茂って、長さが20cmを超えて30cm近くに
なるものが多く
品種を集めたり、鉢数が増えると
困り物になってくる。

小型の品種も育種されているが
まだ、種類は少ない。

2.5号〜3号鉢で、色とりどりの満開の花を
鑑賞出来る
そんな品種が欲しいと思うのですが
なかなか難しいのかな?

昨年
いくつか自分で交配して
タネを採って蒔いたものが
小型になるかどうか?
植え替えてあげないと。
Garies×Sako yellow Eye
大きくなりそう・・・。
RIMG0862.jpg

Garies×Allanridge
こっちの方が、小さめ?
RIMG0865.jpg

昨年、購入した
原種、小型タイプの交配種。
今年は、これらを使ってみようと思います。
RIMG0875.jpg

スポンサーサイト

ストレプトカーパス

ビニールハウスに、暖房も入れて
また、ストレプトカーパスの花芽が
上がってきました。

フリフリの花で、花色も暗くなりすぎず
目立つ花です。
S.Ziutek

画像では、わかりにくいですが
複色花で、ピンク、紫、白の変わった花です。
S.Spin Art

たしか?ポーリッシュ・ハイブリド
弁先の網目のところが、実際はもっと黄色く
目立ちます。
S.Kahinta

大型なタイプは
花も大きく綺麗なんですが
葉も大きく、置き場に困ります。
小型のタイプ(原種含む)を赤穂さんより購入してみました。
2.5寸から3寸鉢でコンパクトな
ストレプトカーパスです。
RIMG0690.jpg

RIMG0691.jpg
これらを片親にして
交配してみようと思います。

最近のストレプトカーパス

10月になって
咲き始めたストレプトカーパス

とても鮮やかな色で目立つ花です。
S.Tropical Sunrise

S.Goose Egg

S.Ajiro

S.Natal
S.Garies

自家交配の実生苗
RIMG0661.jpg
最近の低温か?日除けを外してしまったので、少し黄ばんでいます。
RIMG0662.jpg

こっちは、球根ベゴニアの実生
RIMG0660.jpg

自家交配の種蒔き

昨年から集めた品種をつかい
交配してタネを採ってみました。

なかなか、気に入った交配は難しいですね。
開花が合わなかったり、シイナになったり

それでも、いくつか採れたタネを
涼しくなったので蒔きました。
RIMG0601.jpg

容器ごと電子レンジで播種用土を消毒してんですが
こんなになってしまって・・・。
RIMG0611.jpg

今回は、電子レンジに耐える容器を使いました。
RIMG0613.jpg

最初は、9月23日に蒔いて
発芽し始めたものもあります。
RIMG0610.jpg
もう少し拡大してみました。
RIMG0608.jpg

さて、どんな花になるのか?
これが、園芸の楽しさなんでしょうね!

ストレプトカーバス

ストレプトカーパスの花も
咲いています。

RIMG0555.jpg
お気に入りの花です。
画像より実際は、もっと濃い花色です。
花は、いいんですが、少し葉が大きいのが難でしょうか

八重咲き
RIMG0533.jpg

こんな色彩も明るくて好きです。
RIMG0534.jpg

画像では、わかりにくいですが
ピロードのような舌弁が変わっています。
RIMG0537.jpg

濃いピンクと芯の黄色のコントラスが好きな品種です。
RIMG0512.jpg

素敵な色の品種です。
RIMG0504.jpg





 | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。