植物を実生から育てる

茨城県で、多肉や球根植物を自分で種を蒔いて育てています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実生ブルー・アマリリス

なかなか
花が咲くまでには、程遠いですが
我が家の実生5年生のブルー・アマリリスです。
実生5年生
白い鉢は、4号鉢で、茶色の入った鉢は6号鉢です。
春、暖かくなってからグングン新葉を展開させて成長しています。

一番大きい鉢のは、2年前、葉の元に腐りが入って
ほぼ、葉が無い状態でしたが、回復してくれました。
(意外と丈夫なのかしら?)

しかし、ネット画像でみるような開花株には
まだまだ、倍の年数かかりそうです。(^^;

こっちは
実生1年生です。
実生1年生

我が家の環境では、春から夏に成長して
冬季は、枯れない程度の温度下に置いています。
もし、温度を保てて、冬も成長させられれば、早く開花株に
なるのかな?

自作の実生苗から
開花した例は、まだ日本では、数例?かと思います。
頑張って咲かせてみたいです!
スポンサーサイト

ブルー・アマリリス

国際多肉の会報1月号に
ブルー・アマリリスの記事が載って
いました。

多肉でも、アフリカのバルブ類でも無いですが(^^;
我が家にも、数株の実生苗があります。

ブルー・アマリリス

まだまだ、開花までには年数がかかりそうです。

ブルー・アマリリスを知ったのは、園芸ニュースレター
刊行会の会報記事を読んでからでした。
ネットでいろいろ検索して、オーストラリアの趣味家から
種子を譲って頂いて、40歳の節目に蒔くことが出来ました。(笑)

一度、葉の付け根より腐りが入って、枯れちゃうのを覚悟しましたが
何とか、乗り切ってくれました。

開花まで、10年と言われているので
あと5年くらいかかるのかな?

我が家の実生兄弟が、熱川のバナナワニ園の清水氏の元に
ありますが、順調に生育しているそうです。
どっちが、先に開花するか?

のんびり構えて
いつの日かを楽しみに待っていようと思います。



 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。