植物を実生から育てる

茨城県で、多肉や球根植物を自分で種を蒔いて育てています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトープスの実生は、諦めないで下さい。

昨年の秋にタネを蒔いた鉢を
翌春に植え替え出来ず、そのままに
しておいた鉢の中に
新しく発芽してきたリトープスを
見つけました。

RIMG0387.jpg
昨年、あまり発芽してなかったのと
発芽してもダメになってしまったのとで
何本も残っていませんでした。
しかし、数日、涼しく濡れていた為か
発芽してるのを発見しました。

リトープスの種子の発芽能力は
けっこう長いので、もし発芽しなかったら
捨てずに、もう1シーズン様子を見ても
良いかもしれません。

RIMG0388.jpg

特に、タネの大きい
日輪玉や紫勲は、翌年にも
発芽する事多いと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。